特定技能ビザ 採用支援サービス徹底比較

観点別サービス紹介

ユーザーからの評判がいいサービス3選!

特定技能で初めて採用する際におすすめの高評価サービス

ユーザーからの評判がいいサービスとして、利用者からの評価が高い3つの採用支援サービスを紹介します。
特定技能ビザは制度設立からまだ日が浅いため、採用支援サービスも乱立している状態です。実際に利用された方の声を参考に、実績に基づき確かなサービスを選びたいところです。特に初めて特定技能ビザの採用支援サービスを利用される場合におすすめできるサービスであると言えるでしょう。

MUSUBEE

MUSUBEEは特定技能ビザに特化した求人サイトです。無料で求人を掲載でき、採用が決まった場合のみ費用が発生する成果報酬型の求人サイトです。登録している求職者は800名以上に及び、特定技能ビザの申請に必要な条件である、JLPT N4以上に合格、技能測定試験に合格しています。また、MUSUBEEが求職者と事前に面談を行い、求職者本人の人柄やコミュニケーション能力を確認、企業側に提案します。求人サイトの機能を使うことで、自社の条件に合った人材を検索、アプローチできます。自動翻訳機能も備えているため求人作成までがスピーディーです。なお、登録支援機関は、MUSUBEEが独自に選定後、提携している機関が紹介されます。

詳細はこちら

特定技能の窓口

特定技能の窓口は特定技能人材に特化した相談窓口です。募集から採用、その後の支援まで一貫した支援を提供しています。支援対応業種や対応言語、提供プランが幅広い点が特徴であり、多種多様な企業のニーズに柔軟に応えることが可能なサービスです。登録支援機関としても充実したサービスを提供し更には特定技能試験制度に関するオンラインセミナーや企業向けの個別採用ガイダンスなどあらゆる方面からの採用支援をしてもらえます。アジアでの実績は20年にもなり広い人財ネットワークや官公庁との情報連携をもっています。指定14業界に関する知識も豊富なため外国人採用のことをゼロから知りたい担当者にオススメです。

詳細はこちら

テクノスマイル

テクノスマイルは採用から求職者の生活支援まで様々な支援業務を一括で受託可能な人材紹介・支援サービスです。現在、15,000名以上のアジア人材を抱えており、ベトナム、中国、ミャンマー等のアジア圏に連携先を多数持っています。アジア人材研修就労サポート歴は15年にもなり早稲田大学大学院教授が監修する日本語教育が行われています。現在は愛知県と福岡県に研修所を設置しており、就労に必要な知識のみならず日本での生活に必要なルールや事務的手続き等、あらゆる知識の学習が可能となっています。登録支援機関でもありワンストップな支援が可能なテクノスマイルは本社を福岡に置いており地方に強いサービスです。

詳細はこちら