特定技能ビザ 採用支援サービス徹底比較

観点別サービス紹介

サービス利用費が安いサービス3選!

特定技能ビザでの採用では、どんな費用が発生する?

特定技能ビザの費用構造は、日本人の採用では発生しない費目(ビザ申請費用など)が存在しますのではじめに紹介いたします。

①人材採用費
特定技能ビザで雇用したい人材を採用するための費用です。主に、人材紹介を利用した場合に発生する費用です。自社で採用を行う場合や、アルバイトとして既に雇っている方を特定技能ビザに切り替える場合にはこの費用は発生しません。
採用決定者1名ごとに費用が発生し、金額は採用時に想定される年収に応じて変動する、成果報酬型が一般的です。

②ビザ申請費
採用した人材が、特定技能ビザを取得するための費用です。採用した外国人が既に日本にいる場合と、母国等におりこれから日本に来日する場合でビザ申請手続きが異なるため、それに応じて費用も変わります。さらに、ビザ申請を行政書士などの機関に委託する場合は委託費が追加で発生します。

③登録支援機関代行費
特定技能ビザでの採用の場合、採用企業は採用者に対して職業上・日常生活上の支援を行うことが政府により義務付けられております。例えば、銀行口座等の開設、携帯電話やライフラインの契約をサポートするなどがあり、合計10項目あります。この支援業務は登録支援機関という専門機関に代行を依頼することが可能です。代行した場合に発生するのがこちらの登録支援機関代行費です。支援業務を自社で行う場合、実費を除き費用は発生しません。

MUSUBEE

MUSUBEEは特定技能ビザに特化した求人サイトです。無料で求人を掲載でき、採用が決まった場合のみ費用が発生する成果報酬型の求人サイトです。登録している求職者は800名以上に及び、特定技能ビザの申請に必要な条件である、JLPT N4以上に合格、技能測定試験に合格しています。また、MUSUBEEが求職者と事前に面談を行い、求職者本人の人柄やコミュニケーション能力を確認、企業側に提案します。求人サイトの機能を使うことで、自社の条件に合った人材を検索、アプローチできます。自動翻訳機能も備えているため求人作成までがスピーディーです。なお、登録支援機関は、MUSUBEEが独自に選定後、提携している機関が紹介されます。

詳細はこちら

就pan

就panは完全成果報酬型のサービスです。AIを活用し日本での就職を希望する特定技能外国人、外国人材雇用を目的とする企業、登録支援機関の三者マッチングを行っている点が特徴です。登録するとマイページが作成され、様々な機能を利用することができるようになります。特に特定技能に関する最新のニュースを知ることができるのは就panならではの機能です。企業側は求職者に対し直接オファーを出すことが可能で積極的に良い人材を狙いに行くことができます。また、サイト内にはメッセージ機能やWEB面談機能を備えているため求職者と企業又は登録支援機関間で直接やり取りをする双方向のコミュニケーションをとることができます。

詳細はこちら

Stay Worker

約75万社の顧客もつUSEN-NEXT HOLDINGSにより運営されています。そのため好待遇の求人が多く掲載されている点が特徴的なサービスです。特定技能人材はもちろんアルバイトまで幅広い人材が登録されています。Stay Workerでは採用支援から登録支援業務の代行、就労後の雇用定着支援までフルサポートが可能なうえに、企業に合った人材を紹介するための入念な面談や面談時の外国人スタッフの同席など充実した支援を受けることも可能です。事前の入念な面談により就労前後でのミスマッチを最小限に抑えることができます。また、365日24時間14ヵ国語、全国各地に対応したサポートを行っているため様々な国籍の求職者とのマッチングが可能となります。

詳細はこちら